INTERVIEWインタビュー

話が尽きない島での思い出

元軍艦島島民インタビュー

 

IMG_4083

<氏名>

俣木 様

<端島での仕事内容は?>

小学生

<端島に住んでいた時期はいつですか?>

生まれてから小学6年生まで

<端島ではどこにお住まいでしたか?>

30号棟→65号棟→59号棟 

<端島とは貴方にとってどういう場所ですか?>

 住みやすい場所

<端島が世界遺産になりましたどう思われますか?>

 良かった

<端島時代の写真はお持ちですか?>

少し 

 

「思い出に関する質問」

<楽しかったことは?>

 遊び

<悲しかったことは?>

 欠航が続いた時、水を制限されたこと

<不満・不便だったことは?>

 水のこと

<良かったことは?>

特にない

 

 

俣木様のお父様は、炭坑関係のお仕事を

されていたそうです。

最初は、経理のお仕事をしていたそうですが、

のちに、坑内でのお仕事に変わったそうで

坑内で使うポンプなどの機械が壊れたら

残業になっていたそうです。

その時は、俣木さんがお父様にお弁当を届けに行っていた、

と教えてくださいました。

 

また、軍艦島の有名な

「屋上庭園」の作業をしたり、

「高波見物」もしていたそうです。

高い波を見るのはおもしろかったと

おっしゃっていました。

 

思い出の遊び場は、端島神社の下。

IMG_4075

穴があって、そこを基地のようにして

遊んでいた、とお話してくださいました。

 

館内見てまわられている間も

たくさん色んなお話をお聞かせくださいました。

「軍艦島のアパートの暮らし」では

住まれていた59号棟にいた頃は、もっと新しくて

最新式の家具や家電が揃っていたと

おっしゃっていました。

IMG_4077

また、館内の映像の中にお知り合いがいらっしゃり

懐かしがられていました。

 

島を出てから

閉山前に2回、島へ行ったそうです。

それからは、上陸したことがないそうです。

 

長崎県内にお住まいということなので

ぜひ、今度上陸していただきたいですね。

 

また、俣木様は

当時の貴重なお写真をご提供してくださいました!

14159068_1769987219939369_1807628768_n

14137948_1769987249939366_1933979499_n

 

 

本当にありがとうございました!

 

 

インタビュアー 桑岡