INTERVIEWインタビュー

懐かしい故郷

元軍艦島島民インタビュー

先日、デイサービスの皆様にご来館いただきました。

その中に端島出身の方がいらっしゃいましたので

インタビューさせていただきました。

 

 <氏名>

樋口様

<端島にすんでいた時期>

昭和22年に生まれてから小学校転校まで

<お住まいは?>

30号棟の5階

<端島はどういう場所ですか>

住みやすい場所

<端島が世界遺産になりましたが、どう思われますか?>

良かった。そのままの状態で残してほしい

<楽しかったこと>

・X階段でかくれんぼしたこと

・社宅の屋上で野球をしたこと

<悲しかったこと>

なし

<不満・不便だったこと>

夕顔丸(定期船)で島外に出て

海がしけたときは大変だった。

 

長崎市の山里小学校へ転校になるまで

島内で暮らしていた樋口様、

住まいは30号棟の5階だったそうです。

 

スクリーンショット 2016-04-16 16.56.48

 

30号棟から65号棟の保育園に

行くときは、よく山道を通っていたと

「3D散歩」を見ながらお話しされていました。

 

IMG_2097

 

当時の遊びは

X階段でかくれんぼをしたり

社宅の屋上で野球をして楽しまれていたそうです。

 

島内での楽しみは映画鑑賞や

お母様と一緒に駄菓子を買いに行くことだったそうです。

駄菓子を買ってもらえない時は

買ってもらうまでスネていた、と

笑いながらお話しされていました。

 

「ほかに楽しかったことはありますか?」と

ご質問したところ・・・・。

自転車を親に買ってもらって

島内をまわっていたこと

とおっしゃっていました。

 

夏は遊泳禁止なのに

樋口さんは仲間から海に

落とされていたそうです。

 

ミュージアム内では、

端島のことを思い出すと

涙が出そうになります

とおっしゃっていました。

 

ミュージアムの各コンテンツをご覧になられながら

端島のお話で皆様と盛り上がりました。

 

IMG_2956

 

樋口さんの今の楽しみは

風景画を描くことだそうです。

 

またのご来館お待ちしております。 

 

インタビュアー山田