INTERVIEWインタビュー

活気ある島

元軍艦島島民インタビュー

軍艦島上陸ツアーが欠航となりご来館いただきました。

匿名希望の方

<端島での仕事>

夫が炭鉱で働いていた。

<住んでいた時期>

崎戸炭鉱の閉山後から端島の閉山まで

<端島でのお住まい>

31号棟

<楽しかったこと>

運動会。社員さんも一緒に楽しんだ。

毎日活気があって楽しかった。

<悲しかったこと>

閉山で島を離れる時。

船で見送られた時の紙テープが印象に残っている。

<不満・不便だったこと>

特に感じなかったが、嵐の時、野菜が来なくなることは不便だった。

31号棟に住んでいたので、アパートが波をかぶっていて怖かった。

 スクリーンショット 2016-06-20 13.29.45

中学生まで端島に住まれていた

娘さんと一緒にご来館いただきました。

軍艦島へ上陸は叶いませんでしたが、

たくさんの写真を見ることができて

懐かしい気持ちになりました。

とおっしゃっていました。

 

ご主人が炭鉱で働いておられたため、

暮らしはとても豊かだったそうです。

閉山で引っ越しをするのは、もちろん船。

一度に持てる荷物も限られていたそうで、

大変だったとおっしゃっていました。

スクリーンショット 2016-06-20 13.29.27

 

また是非、軍艦島上陸ツアーで故郷を訪れていただきたいと思います。

 

インタビューアー 楠田