INTERVIEWインタビュー

端島は原点

元軍艦島島民インタビュー

<氏名>

立元様

<端島にすんでいた時期>

昭和43年〜49年まで

<お住まいは?>

65号棟 2階

<端島はどういう場所ですか>

原点

<端島が世界遺産になりましたが、どう思われますか?>

嬉しいような、嬉しくないような複雑な気持ち

<端島時代の写真はお持ちですか?>

ダンボールにたくさん持っています。

<楽しかった事は?>

毎日の楽しい思い出しかないです。

<悲しかった事は?>

友達は保育園に行っていたのに、

私は行けなくて,

毎日屋上まで上がっていました。

<不満・不便だった事は>

子供だったので、特にありませんでした。

 

立元様は三姉妹の末っ子で、小さい時に住んでいたので、

記憶があまりないとのことでした。

 

[記憶に残っていることは何かありますか?]と

ご質問しましたところ・・・・。

IMG_2097

・65号棟2階ベランダにあるプランターで父が

野菜や米の苗を育てていました。

 お父様は元田植えをされていた方で、お米はすくすく

育っていましたとのこと。

・65号棟のベランダから仕事帰りの父を

 見ていました。

お父様の仕事帰りは、体育館横の道からだったそうです

IMG_2094

・65号棟2階のベランダから落ちて頭蓋骨骨折を

 しました。

 病院がすぐ近くで、島の最新の医療を受けられたそうです。

 また、南部プールにお姉ちゃん達と遊びに行って溺れたなど

事故の記憶を鮮明に覚えられているそうです。

IMG_2098

 楽しい思い出、痛い思い出もあったんですね。

 

 でも、そんな思い出が詰まっているからこそ、

私の原点だと思います」と最後にコメントを下さいました。

 

 立元様、貴重な当時のお話ありがとうございました。

 またのお越しをお待ちしております。

 

 インタビュアー 山田