INTERVIEWインタビュー

アパートの火事

元軍艦島島民インタビュー

<名前>

K.T様

<端島に住んでいた時期はいつですか>

1954年〜1973年迄

<端島ではどこにお住いでしたか>

16号と31号

<端島とは、貴方にとって

どういう場所ですか?>

生まれ故郷

<端島が世界遺産になりました

どう思われますか?>

複雑な気持ち

<楽しかった事は?>

望遠鏡で、星を見たり、写真を撮ったりしていた事

<悲しかった事は>

島を出て行く時

<不満・不便だった事は?>

高校の通学

<良かった事は?>

近所の仲が良かった

 

先日、お孫さん達を、端島に上陸させてやりたいと愛知県からお越しになり、

久々の端島上陸に期待しておられたようですが、

残念なことに上陸不可との事、

せめてミュージアムで、当時の端島の事を二人に教えたいと来館して頂きました。

 

戸部様は、閉山間際まで端島におられ、

31号棟の火事のお話をして頂きました。

普段は絶対に目が覚めなる事のない時間帯(午前2時頃)に

その日だけはなぜか目が覚め、

当時高校生だった戸部さんは、火事の消火活動に、協力されたそうです。

3.17IMG_1704

 

今回、上陸できなかったので、次回はリベンジして必ず上陸したいとのこと。

また、思ったより船酔いしていたと、娘さんが言っておられました。

 

またのお越し、お待ちしています。

ありがとうございました。