STAFF BLOGブログ

復活!【建物シリーズ】日給アパート16号棟〜20号棟

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさん、こんにちは スタッフ桑です

さて、昨日NBC長崎文化放送で放送されました

げなパネ」は見ていただけたでしょうか

長崎に住んでいないので、見れなかった

という方、すこしご紹介


スクリーンショット 2017-09-14 11.06.36

 

木下とガンショーくんがトータルテンボスさんに

軍艦島の魅力をご紹介してくれました

スクリーンショット 2017-09-14 11.07.23

スクリーンショット 2017-09-14 11.07.48

 

木下が、撮影の様子をブログでご紹介しておりますので

こちらもぜひごらんください

http://gdm.nagasaki.jp/blog/museum/9335/

 

軍艦島のガンショーくんをもっと知りたい方はこちら

http://ganshokun.com

 

 

さてさて、久しぶりに復活

建物シリーズ」です

前回、どの建物までご紹介したかといいますと

16号棟」でした

16号棟は「日給アパート」の中の一つです。

スクリーンショット 2017-09-14 11.11.45

今回は、その「日給アパート」をまとめてご紹介します

スクリーンショット 2017-09-14 12.02.19

  

では、おさらいから。

 

日給アパートは

職員は月給制、

鉱員は日給月給制で日給社宅にはその

鉱員が住んでいたことから名付けられました

 

16号棟の脇に、「地獄段」があります

ドラマや、映画ですっかり有名ですね

IMG_0055

 

日給アパートの西側は

台風や大時化の被害を受けやすかったことから

1階は半地下になっており、波を防ぐ構造になっています

スクリーンショット 2017-09-14 13.37.31

 

1階には、碁会所・主婦会などの公共施設・厚生食堂

ビリヤード場・本屋・酒屋

質屋などの個人商店がありました。

 

日給アパートの長い廊下は

通路としてだけではなく、お母さんたちが洗濯をしたり

井戸端会議をしたり

子供達は、こまをしたりして遊んだり

一つのコミュニケーションの場として使われていたそうです

IMG_0130

 

そして、こちらも地獄段と同じくらい有名な

屋上には「青空農園

植物を知らない子供達のためにつくられたものですが

1964年につくられ、わずか3年でなくなったそうです

IMG_0129

IMG_0138 

 

現在の日給アパートはこちら

{ "product_id": "0901", "uuid": "65B685EC47F29F674F9F5145CA7AD9C1", "run_date": "2015-05-11T105626+0000", "media_date": "2015-05-11T105815+0000" }

 

残念ながら、立入禁止区域なので一般の方が近くでみることは

できませんが

軍艦島クルーズの周遊では

しっかりと建物を確認することができます

image5

 

日給アパートは、30号棟に続き

島で2番目に古い建物になっていますが

今現在も形もそのまま残っています

 

軍艦島の上陸・周遊ツアーに参加される方は

ぜひチェックしてみてくださいね

 

 

今回は、久しぶりに

「建物シリーズ」をお届けいたしました

では、また次のブログでお会いしましょう〜