STAFF BLOGブログ

想いを風化させないために

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさまこんにちは。

ミュージアムスタッフ楠田です。

 

今日は、ミュージアムのネイティブナビゲーター木下に

なぜ軍艦島に携わる仕事をしようと思ったのか聞いてみました。

きっかけは、インターネットを何気なく見ていて見つけた求人だったそうです。

自分の故郷のことを話せるならやってみたい。となんとなく応募。

それが現在につながっています。

お客様から

『リアルだな〜!こういう話が聞けてよかった!』

と言っていただける瞬間がとてもやりがいを感じるそうです。

 

自分の故郷が世界遺産となった今、

伝承したいこと、伝えたい想いがたくさんあるのですね。

 

私は、生まれも育ちも長崎で、祖父は被爆者でした。

長崎の人々は一瞬でたくさんのものを失いました。

それから70年、長崎にここまで活気が戻ったのは、

石炭業をはじめとする産業の力が大きいなと、あらためて感じる今日このごろです。

スクリーンショット 2016-01-05 17.14.13

(↑木下が住んでいたことのある、30号棟の現在)

ぜひ、元島民の木下に会いに来てください!

ミュージアムスタッフ 楠田