STAFF BLOGブログ

おさらい3!

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさん、こんにちは

軍艦島デジタルミュージアムスタッフ 佐藤です

 

今年も、すでに1年の半分が経過しましたね

年齢を重ねるにつれ、

年々月日が早くなっていく気がします・・・ 

 

さて今回も、

これまで「長崎発祥」や

全国に先駆けての「長崎初」などをご紹介した物を

おさらいもかねて簡単な問題形式で、

長崎の歴史を復習してみたいと思います

 

では早速、第1問

1861年(文久元年)

英国人船大工が貿易商の注文で、

長崎で建造された

高速性俊敏さから

海賊を追跡したり

偵察などに用いられた高速帆船とも

言われていた乗り物とは

答えは、「ヨット」です

スクリーンショット 2017-06-18 7.50.54

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨットは、14世紀頃にオランダ

初めて造ったと言われ

長崎に建造されたのが、

全国で日本初と言われています

 

第2問

昭和50年5月1日に開港され、

大村湾にある箕島(みしま)と言う島の

周辺を造成して作られた海上空港とは

答えは,「長崎空港」 です

スクリーンショット 2017-06-18 7.52.25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど答えが出てましたね

長崎空港は、

世界初の「本格的海上空港」と言われてるんです

そして、

超音速旅客機「コンコルド」が飛来したことのある

日本で数少ない空港の1つでもあるんです

 

第3問

最後はちょっと問題をかえて

1938年 長崎造船所で建造が開始され、

太平洋戦争中盤に完成した、

全長263m 全幅38mの大きさで

乗員は3160人乗りの

日本最強の戦艦の名前は

 答えは、「戦艦武蔵」です

スクリーンショット 2017-06-18 7.52.46

 

 

 

 

 

 

武蔵の速さは、

速力27ノットで時速にすると

約50㎞のスピードが出ていました

そして、46センチ砲という

大きな大砲を搭載した船なんです

砲撃した時の音は、凄まじかったと言われていました

 

当時はすでに、

空中戦での戦いが勝敗のカギとなっていました。

武蔵は集中攻撃を受けますが、

9時間という長い時間

沈む事なく戦ったそうです

 

みなさん、いかがでしたか

長崎にはいろんな歴史が

たくさん溢れています

ぜひ、来崎した際は、

長崎の歴史にも触れてみてくださいね

 

今回で、長崎初長崎発祥シリーズは

完結になりますが、

また面白い歴史を見つけたら

ご紹介しますね

それでは、またいつの日か