STAFF BLOGブログ

半世紀ぶりのアパート

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、毎日暑い日が続いていましたが

遂に梅雨入りしましたね。

また、あのジメジメした天気が続くと思うと

少し気が滅入ってしまう

ナビゲーター木下です。

 

先日、取材で特別許可を頂き、

五十年ぶりに

今まで入ることができなかった

端島の立入禁止区域へも入ることができました。

 

私の端島での思い出の場所、

懐かしい場所へも行くことが出来ました。

 

例えば、島で最後まで住んでいた

65号棟、9階の部屋

DSC_0177DSC_0181

 

宮ノ下と呼んでいた

56号、57号棟の間ににあったビー玉学校

 DSC_0141

 61号棟の横にあった共同風呂への階段

DSC_0151

21号棟の牢屋

DSC_0190

等々、当時の懐かしい思い出がよみがえり

感動しつつ半分泣きそうになりながら

島を歩いてきました。

 

 

しかし、無人島になってから40数年、

やはり建物の劣化が進んでおり、

それは私の想像を遥かに超えるものでした。

 

 

端島神社の広場を支えている柱は、

コンクリートが割れていて

鉄筋がむき出しになっているものが

数本ありましたし、

至る所で建物の崩壊が起っていました。

 

世界遺産に登録されて、

島の建造物を維持していく為に

日々努力されておられる方々に感謝しつつ

島を離れてきました。


最後までお読み頂きありがとう

ございました。

次回のブログをおたのしみに・・・

ナビゲーター木下でした。