STAFF BLOGブログ

お久しぶりです!建物シリーズ!13号棟!!

軍艦島デジタルミュージアムブログ

こんにちは

長崎は今年も「ランタンフェスティバル」が

開催中!!2月11日(土)まで!

ぜひ、皆様長崎へお越しくださいね

期間中には、キレイなイルミネーション

美味しい中華料理を求めて、遊びに行こうかなと

思っている、スタッフ桑です

 

さてさて、ここ数回

建物シリーズから離れてしまっておりましたので

今回は、シリーズに戻って

お届けいたします

 

今回の建物は「13号棟」です

どんな建物だったのか、ご紹介していきます

IMG_5320

 

13号棟は、

1967年(昭和42年)に建てられました

コンクリート造りの4階建てでした

 

以前は、木造の2階建てだったようですが

この年にコンクリート造りになったようです

 

さて、どんな建物だったのでしょう・・・

 

時代によって、誰が住んでいたか、何に使われていたかなど

違うようですが、最終的には

13号棟は、町営住宅で

教職員」さんたちの住宅だったようです。

お部屋の数は、12戸でした。

IMG_5319 

 そして、13号棟はなんと

軍艦島で、コンクリート造りの住宅として

建てられた最後の建物だったのです

 

 

さて、その13号棟

現在の様子は?気になりますよね

こちらです ご覧ください

IMG_8803

 

最後に建てられただけあり?

とてもキレイに残っています

IMG_5318

スクリーンショット 2017-01-31 14.54.30 

同じ場所からの、「昔」と「今」。

 

コンクリートの色も

周りの建物と違って、キレイなベージュ色です

明らかに、他の建物と比べて

キレイですね

image8 2

 

軍艦島で最後に建てられた

コンクリートのアパート、13号棟

軍艦島の歴史を知る上で

大事な建物だとわかりました

今後もっと、注目していきたいと思います

 

 (※当時の写真は「軍艦島実測調査資料集」よりご紹介しました)

 

 

では、次回もたぶん(笑)

建物シリーズをお届けすると思います

またお会いしましょう〜