STAFF BLOGブログ

日本の炭鉱シリーズ

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、こんにちは

元気いっぱい

軍艦島デジタルミュージアムスタッフ山田です


朝・夜と寒さが堪えますね

インフルエンザが流行っているようです

気を付けて下さい


今回は北海道美唄市で栄えた

美唄(びばい)炭鉱」をご紹介します

スクリーンショット 2017-01-23 14.16.11

(グーグルマップ引用)

スクリーンショット 2017-01-23 14.19.33

(グーグルマップ引用)

美唄市情報サイトによりますと・・・・

美唄炭鉱は北海道美唄市周辺の炭鉱群の総称

さらに

三菱・三井の2大財閥によって炭鉱が栄えたようです

長崎に縁のある三菱の美唄炭鉱をご紹介します

三菱美唄炭鉱の歴史

北海道美唄市常盤台地区で採炭

スクリーンショット 2017-01-23 14.22.59

(グーグルマップ引用)

1913年(大正2年) 飯田美唄炭鉱として炭鉱開発

1915年(大正4年)飯田炭鉱を買収後、

           「三菱美唄炭鉱」として開発

1941年(昭和16年)  通洞抗ガス爆発事故

通洞抗 ・・・・・ 水平に掘削された坑道

1944年(昭和19年)  年間石炭生産量180万トン突破

1948年(昭和23年) 従業員7800人

1973年(昭和48年)  閉山

端島(軍艦島)より約1年前に閉山だったんですね

その跡は竪抗巻揚櫓などを残している

炭鉱メモリアル森林公園となっているそうです
スクリーンショット 2017-01-23 14.22.03

(グーグルマップ引用)

炭鉱だった場所を忘れないため、

後世に残すために公園となっているんですね


他の炭鉱場所も同じように残している地域や

世界遺産となり、

炭鉱の記憶を絶やさないようにしています


次回もお楽しみに

ミュージアムスタッフ山田でした