STAFF BLOGブログ

日本の炭鉱シリーズ

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさん、こんにちは

元気いっぱい

軍艦島デジタルミュージアム山田です

 

寒い日が続きます

今年もあと少しとなり

いろいろ大変な時期だと思いますが

体調には気をつけて下さいね

 

さて

今回は福岡にありました、筑豊炭田のご紹介をいたします

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-15-14-45-45

(グーグルマップ引用)

石炭エネルギーセンターによると

筑豊炭田は福岡県遠賀川流域から

石炭が取られていたそうです

 

[筑豊炭田の歴史]

石炭の採掘は江戸末期からスタート

近隣の藩である福岡藩、豊前藩では

誰でも石炭の採掘や販売ができないように

「仕組法」によって規制していたそうです

1869(明治2年 ) 明治政府により鉱山開放令が発布

 

誰でも石炭の採掘や販売が許されて

石炭で儲けようと沢山の人達が

筑豊炭田に来ていたようです

 

それほど石炭産業が盛んになってたんですね

 

1885年(明治18年)筑豊の石炭を守ろうと

「筑前国豊前国石炭坑業人組合」が誕生

日本初同業者の組合団体のようです

統制のある石炭採掘のための行政指導を行なったそうです

1887年(明治20年) 近代産業の発展により

石炭の出炭量が増えて、

明治末期には全国の50%石炭産出

1900年代八幡製鐵所の操業開始され

筑豊の石炭生産量が増えたようです

 

日本を支えていた炭田だったんですね

 

そんな筑豊炭田もエネルギー政策により、

1973年閉山となったそうです

石炭という資源により支えられた地域では

閉山してなくなった時の悲しみは

ものすごいものだったと思います

 

今では石炭記念館が建っています

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-13-07-07

(グーグルマップ引用)

今回の筑豊炭田どうだったでしょうか?

次回もお楽しみに!!

ミュージアム山田でした