STAFF BLOGブログ

半世紀ぶりの里帰り

軍艦島デジタルミュージアムブログ

寒さが一段と厳しくなってきていますが、

皆さん如何お過ごしでしょうか?

12月半ばを迎え、いよいよ師走も

残り少なくなりました。

皆様も大変お忙しいでしょうが

お身体に気をつけて頑張りましょう

ナビゲーター木下です。

 

先日、今は鹿児島に住んでる私の姉が

子供たちと一緒に半世紀振りに

生まれ故郷の軍艦島へ里帰りをしてきました。

cyvgmlpveaaazgr

 


乗船前の心境を姉に聞いてみると


「非常に複雑な気持ちだ」と言っておりました


「半世紀振りに見る軍艦島を見たくもあり、

朽ちた姿はあまりみたくない」とも

言っておりました。


乗船後は船内でガイドさんから


私の姉である事を紹介されると


何故か、船内で拍手が起きたそうです


本人はえ?何故?と思ったそうですが

スクリーンショット 2016-05-15 15.06.24

子供達は軍艦島コンシェルジュの

「トイレに二人の小さい頃の写真が
あったからだと思うよ」と

言っておりました。


その後、ミュージアムにも足を運び

当時の写真を見ながら

懐かしく語っていました。

 

鹿児島へ帰る時には

「お世話になったコンシェルジュの

 スタッフの皆さんと

 ミュージアムのスタッフに

 

 

 本当にお世話になりました。

 大変素晴らしい時間と思い出を


 作って頂き有り難うございました。

 呉々も宜しくお伝え下さい 」

と言って、帰路に着きました。


私も、久し振りに姉と端島の事を


語り合って益々軍艦島の事を


皆様にお伝えしていこうと


思っておりますので、

是非ともミュージアムに、

おいでください


お待ちしております