STAFF BLOGブログ

九州最後の炭鉱閉山地

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、こんにちは

元気いっぱい

軍艦島デジタルミュージアムスタッフ山田です


寒さが堪える季節となりました

風邪インフルエンザが流行っているようです

体調管理には気を付けて下さい


今回は九州最後に閉山をした「池島」をご紹介します

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-10-06-50

(グーグルマップ引用)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-10-08-24

(グーグルマップ引用)

長崎観光サイトによりますと・・・・

池島炭鉱の歴史

1952年(昭和27年)炭鉱開発を開始

1959年(昭和34年)出炭開始

※松島炭鉱株式会社が運営

炭鉱は3交代制24時間で操業

街から灯りが消えることはなかったそうです

端島(軍艦島)と同じだったんですね

2000年(平成12年)2月炭鉱で火災発生

2001年(平成13年)11月28日 最後の入坑
              
            11月29日 池島炭鉱閉山

約42年間続いた炭鉱の歴史に終わりを迎えたようです


池島の人口は最盛期(1970年代)約7700人で、

2001年閉山の年には約2700人だったそうです

すごい

最盛期にはすごい人口だったんですね

他の炭鉱と同じように閉山の年になるにつれて

人口減少もあったようです

閉山後は端島(軍艦島)とは違い、人が残って

リサイクル事業を展開したそうです


また、池島の坑道が今だ存在するのは

海外研修生に技術を伝承する事業が

閉山後の数年間行われていたため、

炭鉱の施設と坑道が残っていたようです

坑内体験ができるようですので、

是非一度池島へ行ってみてはいかがでしょうか %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-28-10-16-20

(グーグルマップ引用)

次回もお楽しみに!!

ミュージアムスタッフ山田でした。