STAFF BLOGブログ

ゴロ野球!!!

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、日中はまだまだ、残暑が厳しく

暑い日が続いています。

しかし、朝夕は

めっきり涼しくなってきましたね。

こう言う、季節の変わり目の時に

体調を崩しやすいので、注意しましょうね。

ナビゲーター木下です。

 

 

さて今回は、端島の65号棟の屋上で

行っていた「ゴロ野球」についてお話し

したいと思います。

 IMG_4181

 

「ゴロ野球?」

あまり聞きなれない言葉ですが

端島の65号棟に住む子供たちは

これが主流でした。

 

 

つまり、通常のスローピッチ(下から投げて打ち返す)

のルールで野球を行うと

65号棟の屋上には、四角い煙突がたくさん立っていて

途中でボールがその煙突の穴に

入ってしまい、野球ができなくなるのです。

 

そこで考え出したのが、「ゴロ野球」です。

ボールを下から投げるのではなく、転がして

コンクリートの地面に置いたバットで

地面をこすりながら、ボールを打ちます。

そうすると煙突の中に入りにくくなり、

長く野球を楽しめるのです。

 

しかし、幾つか問題もありました。

ボールを強く打つと

屋上から飛び出し1階にボールが・・・

落ちたボールを誰が取りに行くかを

ジャンケンで決め、負けた人が階段を

猛ダッシュで下り取りに行くのですが

登りが大変で途中で息が切れ、休み、休み

登っていました。

 

でもこうやって、端島の子供たちは、

足腰が鍛えられていったんだと思います。

 

もうひとつの問題が、バットがすぐ擦れて

グッリプ(持つところ)とヘッド(頭の部分)が、

すぐに、おなじ丸さになることで、

もうバットとは言えず、すりこぎ状態になったら

すぐ折れてしまうので、慎重に打っていました。

バットは、なかなか買ってもらえませんでしたので

 

 

今回のお話し如何でしたか?

また、次回をお楽しみに〜