STAFF BLOGブログ

長崎グルメ紀行 〜カステラ〜

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆様こんにちは

軍艦島デジタルミュージアム楠田です

梅雨が明けたかな

と思ったら雨

家庭菜園をしている私としては

夏の太陽が待ち遠しいな〜

我が家のとれたてきゅうりです

IMG_0111

 軍艦島デジタルミュージアムでは

暑い夏にぴったりの

GUNKANJIMA Tシャツも販売中

残りわずかのデザインもありますので、

ぜひお買い求め下さいませ

スクリーンショット 2016-07-12 10.22.22

黒いダイヤが欲しいニャー

と猫にも大人気の石炭アクセサリーも是非

さて

今回の長崎グルメ紀行は

長崎名物『カステラ』です

スクリーンショット 2016-07-12 9.58.31

軍艦島デジタルミュージアムはグラバー園の下にあるため

観光のお客様が多くご来館されます

県外からのお客様によく聞かれるのが

『どこのカステラが一番美味しいのか』

というご質問

 

長崎といえばというイメージが強いようですね

 

生まれも育ちも長崎の私ですが、

カステラを食べる機会は日常的ではありません。

小さい頃から、カステラといえば、

お父さんの職場からの頂き物

お祝い事の時の引き菓子

お中元や、お歳暮

など、何か特別な行事の時にいただける

高級なお菓子のイメージです。

そして

子供の大好物はザラメ部分なのです

カステラの下に敷いてある紙をはいで、

フォークでこすってとって食べていました。

紙を舐めると怒られていましいた

 

中でも、五三焼きカステラカステラの中でも超高級品です。

は、卵の黄身白身の割合を表しているという説があります。

つまり、黄身の量が通常のカステラよりも多いため、

ちょっと高級なのです。

ちなみにお値段も通常のカステラの約二倍です

そのため、長崎っ子は

もらったカステラが五三焼きだと

とってもテンションが上がります

普段なかなか出会えないからです。

 

長崎にはたくさんのカステラ屋さんがありますが、

カステラの起源はというと?

南蛮貿易によって

スペインカスチラから伝わったと言われています。

もちろん

その時代、日本で唯一外国との貿易ができた長崎から伝来

それまでの和菓子は、あんこや、餅、団子を使ったものなので、

卵と砂糖、牛乳を泡立てて作るふわふわの食感は

とっても斬新だったことでしょうね

 

大河ドラマ『龍馬伝』では、

龍馬とその仲間達が亀山社中でカステラで一儲けしようとした

というエピソードも紹介されていました。

スクリーンショット 2016-07-12 10.05.14

こちらはフィクションのようですが、

外国から伝わってきた新しいお菓子に

長崎の商人たちは飛びついたに違いありません

新しいもの好きな長崎人の気質かもしれませんね

 

そして

新しいことへの挑戦が好きな長崎人

カステラをもとに色々なお菓子を開発しました

チーズカステラやカステラ巻き、和三盆カステラやショコラーテなど

長崎のカステラ屋さんには

そのお店独自の商品がたくさんあります。

次回もお楽しみに