STAFF BLOGブログ

【建物シリーズ】3号棟!!!

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさんこんにちは

いよいよ暑くなってきましたね

最近まで、仕事中、X階段Tシャツの下に

重ね着をしていましたが

いよいよ暑くなってきましたので

Tシャツ一枚にしました、スタッフ桑です

 

さてさて、今回も「建物シリーズ」をお届けいたします

でも、その前に・・・

 

建物シリーズの第1弾の時にご紹介しましたが、

軍艦島の建物に「1号棟」や「2号棟」と

付けられている理由の

新しい情報を入手いたしました!!

 

昨日、端島同窓会会長石川さんが

お越しになりましたので

聞いてみました

第1弾では、「建てられた順番」ではないか

とお伝えしていましたが

「端島神社」を1番目にして、順番につけたとのことなのです

 

スクリーンショット 2016-06-18 14.06.49

 

地図をみていただくとわかりますが

次の番号がおおよそ隣の建物なっていることが

確認できます

番号がとんでいたりするのは、以前建てられていて

その後は違う建物に変わったりしたからのようです。

 

建てられた順番にしては、神社が1号棟は

おかしいなと思っていましたので

やっとすっきりすることができました

 

では、本題に入りまして

今回は「3号棟」のご紹介です

現在の3号棟が建てられる前、同じ場所に

木造の3号棟4号棟5号棟が建っていたそうですが

現在のものが建てられたのは、1959年(昭和34年)。

コンクリートの4階建て。

炭鉱の幹部の方々が住む職員住宅で

豪華なつくりだったようです

IMG_3246

※一番左の建物が「3号棟」

 

なんといっても、風呂・トイレ付き!

他の棟に住む方々は共同浴場・共同トイレだったのに対し、

こちら、各家庭についていました

ドアの前には、呼び鈴のチャイムも付いているという

豪華さです

ミュージアムスタッフ、木下は当時

3号棟に住むお友達がいて、よく遊びに行っていたそうです

お風呂に入りに・・・笑

 

3号棟がある場所は、端島神社の隣の、隣。

前回ご紹介した2号棟の横です

IMG_3248

しかも、島の一番高い位置!!!

IMG_3249

2号棟もでしたが、3号棟は島で一番

見晴らしがよかったのではないでしょうか

IMG_0401

 

一番高い場所にあるため

屋上は誰にも見られない場所でした

そのため、カップル

一番のデートスポットだったそうですよ

つねに近くに誰かがいるような環境だった軍艦島

カップルがデートをするのも一苦労だったようですね

 

実は先日、取材で軍艦島の「立入禁止区域」に入ったとき、

採炭現場の方の、3号棟を見上げる場所を歩いていた時

パリーン!!!!」

という音が、上から聞こえてきたのです

その時、みんなで音の方向を確認し合ったのですが

おそらく3号棟からではないかと、話しました

その時、私たちは3号棟が崩れていく「音」を

聞いてしまったのかもしれません

 

3号棟の倒壊が進まないことを願いつつ

ご紹介はこの辺で終わりたいと思います

 

まだまだ、これからも建物シリーズをお届けいたします

ではまた次のブログでお会いしましょう