STAFF BLOGブログ

長崎弁〜なおす〜

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさん、こんにちは!

軍艦島デジタルミュージアム 笹崎です!

 

長崎、ついに梅雨入りしました

ジメジメした季節がやってきましたね、、、

夏が来るのを楽しみに、ジメジメした季節を乗り切ろうと思います!

 

梅雨の時期は、お出かけやデートに困りますよね!!

そんな時は!!

ぜひ軍艦島デジタルミュージアムへ!!

天気を気にせず、楽しめますよ

 2015.09.25_020 のコピー

 

さて、笹崎のブログといえば!

そう!「長崎弁講座」ですよね!

 

今回は、「なおす」をご紹介

まずはこちらの会話から!

 スクリーンショット 2016-06-06 18.29.36

木下「こいば、なおしとってー」

笹崎「はーい」

 

実は私、この「なおす」標準語だと思っておりました!

まさか伝わらないことがあるなんて、、、

 

伝わらなかった例がこちら! スクリーンショット 2016-06-06 18.29.59

木下「こいば、なおしとって」

「壊れてるんですか?」

木下「・・・。」

 

こうなります・・・。

 

一般的に、「なおす」は

治癒する」や「修理する」という意味で使われますよね!

なんと長崎では、「しまう」や「片付ける」という意味で使われることもあるのです!

 

同じ言葉でも意味が異なるとは、面白いですね

 

そして、今回はもうひとつ!

私が標準語だと思っていた方言をご紹介!

 

それは、「」です!

こちらの方言は一文字で「かさぶた」を意味します!

 

小さい頃に、転んで傷がかさぶたになった時

「つのできた!」とよく言っていました

 

この方言の面白いところは、由来です!

なぜ、「」といわれるようになったのか!

 

それは、「」が出た後にできるからだそうです!

」の後は「」なんて、ユニークな方言ですよね

 

みなさんも覚えて使ってみてくださいね!

 

次回からも、面白い長崎弁をご紹介していきますので

お楽しみに