STAFF BLOGブログ

長崎に持ち込まれた球技。

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさん こんにちは

軍艦島デジタルミュージアムスタッフ 佐藤です

 

最近、修学旅行で長崎に来る学生さんが

少しずつ増えてきています

当ミュージアムも、

修学旅行生の方々にご来館頂くことが多くなりました

 

さて今回、

全国に先駆けて

一番最初に長崎へ伝わった球技を紹介します

こちらです

スクリーンショット 2016-06-04 18.39.32

みなさんも知っている「ビリヤード」です

私も、何度か遊んだ事がありますが

ものすごく楽しい球技です

 

日本に初めて伝わったのは、江戸時代です。

オランダ人によって

出島に持ち込まれたと言われています。

 

長崎は世界の窓口として、

本当にすばらしい活躍をした街ですよね

 

この「ビリヤード

元々は、貴族の遊びだったそうです。

 

ルイ14世ルイ16世シャルル9世

も遊んでいたそうですよ

歴史の授業に登場した有名人も「ビリヤード」を楽しんでいたんですね

 

当時は貴族の遊びだったものが、

時を経て一般的に楽しめる

球技や娯楽として変化したんですね

スクリーンショット 2016-06-04 18.39.17

そして、

世界遺産に登録された

端島(軍艦島)にも、

当時、ビリヤード場があったんです。

スクリーンショット 2016-06-04 18.39.43

上記の写真が、

端島の娯楽施設にあったビリヤード場です。

 

ビリヤードは知ってるけど、

やったことが無いと言う人も

手軽に楽しめる遊びなので

是非、トライしてみてください

 

それでは、

また次回のブログを

お楽しみに