STAFF BLOGブログ

長崎の隠れスポット〜神秘の世界へ②〜

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、こんにちは(^^)

ミュージアムスタッフ 福島です

先日、野母崎にある「軍艦島資料館」へ行ってきました

 image1 5

当日、曇り空で距離も遠いのですが

沖には軍艦島

存在感があり海を渡る軍艦のように見えました

軍艦島資料館」では当時の貴重な写真

無料の望遠鏡で

軍艦島を見ることができますよ

 

 

それでは前回ブログの続編

七ツ釜鍾乳洞」第2弾をご紹介します

前回のブログはこちらから

http://gdm.nagasaki.jp/blog/museum/3937/

 

それでは探検へLet’s Go

清水の滝」から上へと続く階段を上っていくと・・・

image1

親子地蔵」がありました

石筍(せきじゅん)と呼ばれる鐘乳石が成長し、

大小のお地蔵様のように見えたことから

親子地蔵」と呼ばれるようになったそうです

 

※石筍(せきじゅん)・・・鍾乳洞の床に石炭質を含んだ水滴が

落ち固まり積もって、たけのこ状になったもの

image2

確かに二人のお地蔵様に見えますね

 

そして道沿いには

チョロチョロと水が流れていました

 image1 2

温度は30度くらい

静かな空間に水の音・・癒し効果絶大です

 

先へ進むと「大石柱」を発見

清水洞」内でとても大きく

高さが約4m、直径約60cmあるそうです

image2 2

写真で撮ると暗くとても分かりにくいので

実物をその目でお確かめ下さい

 

100メートルほど歩くと出口が見えてきました

暗い中、よ〜く見てみると

出口右側には下へと続く階段があり、

降りていくとしんと静まり返ったその先に

金明の滝」を見つけました

image2 3

炭酸カリウムを含む水が少しずつ穏やかに流れ、

雨が降り続いて水量が増すと

激しい音と共に流れるそうです

IMG_2459

 

さて探検はここまでです

出口には「七ツ釜鍾乳洞資料館」があり

様々な鐘乳石や生息する生き物に

関する資料が展示されていました

image1 4

 

なんと石炭もありましたよ

 image2 4

池島鉱業所」の個人の方から

寄贈された石炭のようです

 

橋を渡りきると

スタート地点に戻ってきます

 image1

ここで・・ゴール 

 

鍾乳洞探検はいかがでしたか?

今回私が行ったエリア以外にも

もっと深い所まで見ることの出来る

地底探検ツアー」もあるそうですよ

image1 3 

 

夏のお出かけを涼しく楽しみたい皆さんも

神秘の世界

七ツ釜鍾乳洞」探検へ

出かけてみてはいかがでしょうか?

 

それでは次回のブログもお楽しみに〜

 

ミュージアムスタッフ 福島