STAFF BLOGブログ

世界の炭坑シリーズ第8弾 

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、こんにちは

元気いっぱい

軍艦島デジタルミュージアムスタッフ山田です

今日から6月に入りました

もうすぐ梅雨入り

体調管理には気をつけて下さいね

さあ

今回の炭鉱シリーズは

何処でしょうか?

有名なこちらの作曲家の故郷です

スクリーンショット 2016-06-01 13.05.59

ご存知でしょうか?

子犬のワルツや幻想即興曲が有名な…

 

ショパンです

今回は彼の故郷ポーランドをご紹介させていただきます。

スクリーンショット 2016-06-01 15.26.31

ポーランドの正式名は

Rzeczpospolita Polska ( ジェチュポスポリタ・ポルスカ )

日本語ではポーランド共和国

ちょっと舌を噛みそうな名前です…

ショパンは学校の音楽の授業でおなじみですね

誰でも一度は彼の音楽にふれたことがあると思います

名前はフレデリック・フランソワ・ショパン

ピアニスト・作曲家として有名です

生まれは1810年3月1日

 

 

お気付きの方

軍艦島ツウですね〜

 

そう!

ショパンの誕生日と

軍艦島の石炭発見は

同じ1810年なのです!

image1 のコピー 3

ショパンと同じ…と考えると

軍艦島の長い年月を実感します。

 

さて、

ここからはポーランドの炭坑情報です

ポーランドの石炭採炭量 世界9位!!

褐炭、亜炭という石炭化度の低いものも採炭されています。

褐炭・亜炭生産量 世界8位!!

石炭エネルギーセンターによると

ポーランドも石炭を火力発電に使用しています。

ポーランドの電力

石炭火力発電 約90%

バイオ燃料  約10%

なんだそうです。

ポーランドでは、

・エネルギーの効率改善

・原子力の導入

・再生エネルギーの利用促進

・石炭火力発電による環境負荷低減

などがエネルギー政策目標となっているそうです。

 

環境にやさしいバイオ燃料

どの国でも導入されはじめています。

それにより石炭の需要は減少

最終的には軍艦島のように閉山となる炭坑が

増えていくことが現実かと思います

寂しいような気もしますが、

時代とエネルギーの変化には抗えないのでしょうね

 

次回の世界の炭坑シリーズお楽しみに!!

ミュージアムスタッフ山田でした