STAFF BLOGブログ

長崎弁〜おっちゃける〜

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさま、こんにちは!

軍艦島デジタルミュージアム 笹崎です

 

暖かくなったと思ったら

雨が続き、肌寒かったりむし暑かったり、、、

季節の変わり目は、体調を崩しやすくなるので

みなさまもお気をつけください!

 

梅雨に入ると、観光やお出かけに困ることもあるのでは?

そんな時は!ぜひ!

軍艦島デジタルミュージアム

天気を気にせずお楽しみいただけますよ!

 

さて!5回目を迎える笹崎の「長崎弁講座」

今回は、「おっちゃける」をご紹介します!!

 

さっそくこちらの会話をごらんください〜〜

スクリーンショット 2016-05-28 11.07.42 

笹崎「稔さん、おっちゃけんごとねー!」

木下「うん、ほら!よか枇杷の採れたばい!」

 

脚立に登って、木になっている枇杷を採ってくれた

優しいナビゲーター木下に、私がかけた言葉!

「おっちゃけんごとねー!」

どんな意味だかわかりましたでしょうか?

 

「おっちゃける」とは

「落ちる」という意味で使われます!

「おっちゃけ」で「落ちない」となります

ちなみに「ごと」は「〜ように」という意味!

なので、「おっちゃけんごと」は

「落ちないように」という意味になるのです!

 

先ほどの会話を標準語になおしてみると・・・

笹崎「稔さん、落ちないようにしてくださいね。」

木下「はい。ほら!いい枇杷が採れました。」

となります

 

今回ご紹介した「おっちゃける」は、

私が小さいころ、母や祖母からよく言われていた言葉です

 

「そがんとこに登ったら、おっちゃけるよ!」

「おっちゃけるけん、おりなさい!」

 

子どもの頃の私は、

高いところが好きだったみたいです・・・笑 

 

最近は、あまり聞かなくなった長崎弁もあり

なんだか長崎弁が薄れていくようで寂しく感じます

 

が!しかし!

 

当たり前になっていて「標準語だと思ってた〜

という長崎弁もございます

 

と、いうことで!

次回は、私が標準語だと思っていた長崎弁を

ご紹介したいと思います

お楽しみに!!

 

最後に!

枇杷を採ってくれたナビゲーター木下でお別れです

IMG_7436

いい笑顔ですね!

みなさまもナビゲーター木下に会いに来てくださいね!

当時のいろんなお話を聞くことができますよ