STAFF BLOGブログ

長崎の隠れスポット④〜神秘の世界へ〜

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、こんにちは(^^)

ミュージアムスタッフ 福島です

 本日の長崎市は雲一つない快晴です 

image1 4

 

今日の軍艦島も青空に映えて、とても綺麗です

image5 

これからどんどんと暑さが増し、

体調も崩しやすくなりますので皆さんもお気をつけ下さいね

 

それでは今回は

国の天然記念物」をご紹介します

image1 2

西海市にある「七ツ釜鍾乳洞」です

 

なかなか行く機会がなく、

今回ついに行ってきました

image2 2

入り口には観光コースがあり、所要時間20分ほどでした

 

ちなみに「鍾乳洞」とは石灰岩が

地表水、地下水などによって浸食されてできた洞窟のことです

 

大小ある鍾乳洞の中でも「七ツ釜鍾乳洞」では

清水洞」に入洞することが出来ます🔍

 

七ツ釜鍾乳洞」の主な鍾乳洞は

「清水洞」「浄簾洞」「森野ボノール」「流水洞」

「淵が洞」「泉水洞」「風蓮洞」「明簾洞」等があり、

中でも「清水洞」が最も入洞し易いので公開しているそうです

 

では早速行ってみましょう

 

清水洞」入り口には綺麗

手入れされたお庭や池がありました

image1 3

 

隣には川があり、とても涼しげでしたよ

image3

 

そして橋を超え、いざ探検へ出発

image2 3

 

入り口まで行くと冷たい風を感じ、温度はなんと・・・

image3 2

 

14度でしたさっ・・寒い

image3 3

 

中に入ると水の滴る音だけが響き

ライトはあるものの薄暗く道はかなり狭かったです

image1

 

背を低くしたまま進んで行くと・・・

image1 3

最初に見えてきたのは「踊の間」です

昭和3年に鍾乳洞が発見され、

当時の調査員が休憩をするスペースだったそうです

 

そして、先へ進むと水の音が近くなってきました

image1 2

 

現れたのは「清水の滝」です

image2 2

この滝は高さが6メートルあり、洞内で一番大きいそうですよ

迫力のある美しい滝でした

 

上を見上げると更に上へと続く階段が

image2 3

 

それでは本日はここまでです

その先に続くのは一体何なのか・・・

次回のブログまで楽しみにお待ち下さい

 

ミュージアムスタッフ 福島