STAFF BLOGブログ

隠れスポット③〜浜の町アーケード界隈〜

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、こんにちは(^^)

ミュージアムスタッフ 福島です

 

最近、急に暑くなり、体調崩されていませんか?

でも天気が良い時こそお出掛けしたいですよね 

そこでどこにお出かけしようか迷っているそこのあなた

軍艦島クルーズはいかかでしょうか?

 http://www.gunkanjima-concierge.com

 

軍艦島コンシェルジュをご利用のお客様のみ

軍艦島デジタルミュージアム入館料

半額でご案内しておりますので

ミュージアムへもぜひお越し下さいね

 

さて、前回のブログで「銕橋」をご紹介しましたが、

路面電車側へ橋を渡ると

土佐商会跡」の碑を見つけました 

image1 2    

土佐商会とは

慶応3年(1867年)2月頃開設された、

土佐藩の貿易関係の役所です

最初は後藤象二郎、その後岩崎弥太郎が主任となり、

坂本龍馬の海援隊も土佐商会を拠点に活動したそうです

 

そしてここはもう一つ

image4 2

 「梅屋商店跡」でもあるのです

 

梅屋庄吉」は長崎出身で日本の実業家であり、

孫文の支援者でもあります

 

梅屋商店は庄吉の遠い親戚である梅屋吉五郎が

営んでいたのですが、その後庄吉は吉五郎の養子となり

精米所と貿易業を行っていました

220px-梅屋庄吉像

(ウィキペディアより引用)

 

碑の隣には夕顔丸のモニュメントもありましたよ

近くで見るととても精巧に作られています

 image1 3

 

 

 

 

浜の町アーケード入口を見上げると船が 

 image2 2

港町長崎らしいですね

 

そしてアーケードを100メートルほど進むと

左手に小道を発見

地元の方に「リカちゃん通り」と慕われている

西古川町から西浜町に抜ける通り

image3 2 

元々は「かます横丁」という名前で

この通りがかますのように細長い道ということから

「かます横丁」と言われたそうです

 ※かますとは口が大きく細長い魚のこと。

 

そして「リカちゃん通り」という名は

地元タウン情報誌「ザながさき」で愛称を

募集したのが始まりで現在でも呼ばれています

 

歴史を感じながら歩いてみるのも

見方が変わり楽しいですよね

 

それでは最後に素敵な写真をご紹介

image1 2

5月24日はミュージアムスタッフ笹崎の誕生日でした

 

ナビゲーター木下もこの表情

 \撮るよ〜笑って笑って〜

image1 3

笑顔溢れる楽しい一年になりますように

 

次回のブログは西海市にある

国の天然記念物」をご紹介しますのでお楽しみに

 

ミュージアムスタッフ 福島