STAFF BLOGブログ

世界の炭鉱シリーズ第6弾

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、こんにちは

元気いっぱい

軍艦島デジタルミュージアムスタッフ

山田です

 

陽気でポカポカ

いい天気が続いています。

旅に出たい気分になりませんか?

長崎の観光を計画されている方々には

世界遺産の軍艦島をお勧めいたします

ツアーにも是非参加してみてくださいね

http://www.gunkanjima-concierge.com

 

さて、今回の世界の炭鉱シリーズは

何処でしょうか?

 

その国ではこちらが有名です!

お分かりになりましたか???

さあ、もうお分かりになりましたよね

 

そうです!

今回は、カナダについて紹介させていただきます

スクリーンショット 2016-05-15 10.39.21

 

突然ですが、

カナダ出身の有名な映画俳優といえば・・・?

     こちらです ↓  (写真左の方)

一度は見たことがある映画だと思います!

BACK TO THE FUTURE

マイケル・アンドリュー・フォックスさん!

出身地はカナダ・アルバータ州・エドモントンです。

私はこの映画が大好きで、何回もDVDで見ました。

 

実は私、そんなカナダに8年前、

語学留学をしてました。

広大な自然公園もあり、過ごしやすい街でした。

スクリーンショット 2016-05-15 14.35.58

 (グーグルマップより)

 

当時は、そんな場所でまさか

石炭が採炭されているとは思ってもいませんでした

 

調べてみるとカナダも火力発電に

石炭を利用しているそうです

 

カナダ全土では、

21基の石炭火力発電プラントがあります。

そこでは石炭が5000万トン消費されており、

国内電力の約86%を供給しているそうです

 

また、鉄鋼・セメント産業にも石炭が使用され、

その石炭消費量は・・・・

製鉄業で約400万トン

セメント業で約300万トン!

特に、アルバータ州サスカチュワン州

石炭が使用されているそうです。

 

     場所はこちら ↓

 スクリーンショット 2016-05-15 15.47.35

この二つの州は、カナダの内陸部に位置しています。

 

州によって石炭火力発電が占める電力量は異なっており、

アルバータ州では全体の74%

サスカチュワン州では60%といわれています

 

カナダは石炭火力発電に頼っているんですね

 

石炭エネルギーセンターによりますと

今後カナダ政府は、

2020年までに地球温暖化ガス

17%削減することを目標としており、

石炭火力からは約375トンCO2以下

達成するよう提案しているとのこと。

 

前回の山田ブログ

世界の炭鉱シリーズ「アメリカ編」にも

石炭火力発電CO2削減の話が出ていましたが、

各国が同じように、地球のことを考えているようですね。

(前回のブログ「アメリカ編」はこちら)

http://gdm.nagasaki.jp/blog/museum/3324/

 

 

まだまだ続く世界の炭鉱シリーズ

次回のブログもお楽しみに

ミュージアムスタッフ山田でした