STAFF BLOGブログ

さるくガイドに初参加!!③

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさん、こんにちは

軍艦島デジタルミュージアムスタッフ 佐藤です。

 

最近、長崎県は天候が不安定で

雨が降ったり晴れたりと、よくわかりません

 

でも、知っていましたか

長崎は、よく雨が降るイメージと

言われていますが、

実は・・・

全国的に他県とかわらないそうです

びっくりですね〜

 

さてさて

雨の話題を出したので、

さるくガイドで聞いた「雨」に関する話をご紹介します

スクリーンショット 2016-04-24 20.23.11

今回は、どんどん坂です

 

この坂に隠された

凄い所を、佐藤は3つ見つけました

 

1つ目は

軍艦島の一部でも使われていた、

「天川(あまかわ)」という技術を使っていることです!

簡単に説明すると・・・

赤土と石灰を練り合わせたもので、

現在で言うと、セメントの役割です。

江戸時代から使われていた、

技法と言われているんです

スクリーンショット 2016-04-24 20.24.18

2つ目は、石畳をあえて

斜めに設置していること」です

これは、石畳を斜めにする事によって、

雨水を早く溝へ流すことが可能になり、

すぐに乾くようにと

考えられた技法なんです

 

そして3つ目は、「」です。

普通の溝は、「コ」の字ですが

どんどん坂の溝は、

「U字」と「V字」になっています。

その形にすることで

少ない雨水でも、勢いよく流すことが出来るのです

スクリーンショット 2016-04-24 20.23.58

当時、長崎へ来た人たちからは

長崎の街は、歩きやすいとかなり高評だったそうです

見えない所に、

凄い技術が隠されているんですね

これも、一つの「おもてなし

だったのかもしれません

 

ちなみに、どんどん坂の名前の由来は、

雨が降ると、「ドンドン」と音を立てながら

流れて行くことから、

その名前が付いたと言われています

 

3回に渡って、

「さるくガイド」シリーズをお届けしましたが、

いかがだったでしょうか

少しでも、このブログを見て

長崎の街に興味を持ってもらえたら、

嬉しいです

 

次のブログも楽しみに

待っててくださいね