STAFF BLOGブログ

日本の最南端の島

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさまこんにちは

軍艦島デジタルミュージアム 楠田です

今日は特に暖かい長崎ですが、

朝晩の冷え込みは続きますね

地震の被害に遭われている方々の体調が心配されます。

どうか1日でも早く都市機能が復旧しますように…

 

世界の島シリーズ 今回は第4弾です

世界の島

と言っておきながら

今回ご紹介するのは、

日本の最南端:沖ノ鳥島です。

スクリーンショット 2016-04-20 15.38.26

Wikipediaより引用

小学校の地理の授業で必ず習う重要事項ですね

漢字をよく間違えたことを思い出します

 

さて沖ノ鳥島と軍艦島の共通点

それは

埋め立てているということです。

満潮時と干潮時で

1センチから16センチだけが顔を出している島

島と呼べるの

と思うくらい小さいですが、

日本にとってこの小さな島はとても重要な宝島なのです。

これも地理で覚えるのに苦労したキーワードですが

沖ノ鳥島は

排他的経済水域

を守るためには欠かせない島です。

場所はこちら

スクリーンショット 2016-04-20 16.26.22

ヤフーより引用

地図にも写らない小さな島ですが

この島がなくなってしまうと、

日本の領海が大きく削れてしまうということですね

そのため

周りを埋め立てたり、

ネットで覆ってみたり、

今ではこんなに頑丈に守られています

スクリーンショット 2016-04-20 16.00.39

様々な工夫をして守っているのです

 

東京から1740キロも離れた島に

このような工事をするのは大変です。

かなりの予算が使われているそうです

 

軍艦島は長崎港からたったの18キロの場所

スクリーンショット 2016-04-20 16.23.53

沖ノ鳥島ほど手厚く…

とは言いませんが

是非崩壊を防ぐ手立てを早急に行っていただきたい!

と思った私です

 

世界の島シリーズ

今回は個人的意見になってしまいましたが

九州地方でも地震が発生した今。

軍艦島の保全は

待った無し

の状況だと日々感じています。

 

当時の島民の空気を感じたら

みなさまもきっとそう思っていただけることでしょう

 

軍艦島デジタルミュージアムでお待ちしております!