STAFF BLOGブログ

テレビの普及パート3

軍艦島デジタルミュージアムブログ

先日、私の孫がそれぞれ小学校と中学校に入学しました。

式に参加して、二人の成長に感慨深い思いに浸っている

ナビゲーター木下です。

 

さて、今回もテレビにまつわる話、パート3をお送り致します。 :roll: 

 

私の家のテレビの購入後、初めての台風が端島に近づき

親達はその準備に追われていました。

 

外は次第に、雨も風も、強くなってきていました。 😛 

 

台風の準備も終わりほっとして

私たちはテレビを見ていました 😛 

 

その時です ・・・

 

いきなり画面が乱れ、テレビが見られなくなり

急に父親が合羽を着始め屋上へ・・

 

そうなんです 😕

アンテナが倒れてしまっていたんです、

 

翌日屋上へ行くとやはり数本のアンテナが倒れていました。

IMG_0109

 

しかし、そこからが大変でした。

 

アンテナを立て直し、そこから画面の調整 😥 

父親がアンテナをあっちに向けたり

こっちに向けたりするたびに

(当時は携帯などありませんので)

私が伝令役で、

3階の部屋から屋上へ、

そしてまた屋上から部屋までへの往復です 😈 

 

もう私はヘトヘトになり、

部屋から一歩も動けなくなっていました :roll: 

 

そして最後に

「もうテレビなんか、見らんでもよか!!」

と言ったそうです。

 

その時、親がニヤッと笑っていたそうです。

 

後の、テレビの行方はどうなったんでしょう?・・・

 

如何でしたでしょうか?

テレビにまつわるお話、パート3。

今回で終了です。

 

話の続き気になられる方は、ぜひご来館くださいね。

 

お待ちしています。