STAFF BLOGブログ

長崎の春もすぐそこ

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさんこんにちは

軍艦島デジタルミュージアムMMです

 

このところ良いお天気の続いている長崎、

の開花宣言もされて、いよいよ春本番

といったとことでしょうか

(ちなみに、軍艦島には桜の木は無かったそうですよ

 

こんな暖かい日にはお花見でもと思い、

ミュージアム近くにあるグラバー園へ行ってきました

 

グラバー園には、洋風建築の建物はもちろん、

たくさんのお花や美しい景色も見ることができるんです

3.251458894113455

 

そして、グラバー園の中で、私が一番好きな建物がこちら

 ↓ ↓ ↓

3.251458894224914

旧オルト住宅です

イギリス人ウィリアム・ジョン・オルトは、

1859年(安政6年)に来日し、貿易商として製茶業を主に活躍した実業家です

オルトは、1861年(文久元年)居留自治会の初代役員に選ばれ、

居留地商工会議所で最初の議長にもなった人なんです

1865年(慶応元年)〜1868年(明治元年)までの3年間、

この家に住んでいたそうですよ

 

旧オルト邸はイギリス人の設計で、

日本人の ’小山秀之進’ が施工したと言われています。

’小山秀之進’ と聞いてピンときたアナタ

そうです。

小山秀之進は、高島・端島炭坑の開発にも関わった方です

ミュージアムブログにも度々登場していますね。

IMG_1886

実は、

端島炭坑の本格的な操業を開始した三菱社二代目社長 ’岩崎弥之助’ も、

「いろは丸事件」(坂本龍馬らが乗ったいろは丸が紀州帆船に衝突、沈没)

の際、オルトを訪ね相談したこともあったそうですよ

 

このように、ミュージアムの周辺では、

軍艦島と大きな関わりを持つ人や建物、

長崎や日本の歴史に関わる物を、たくさん目にすることができます

 

観光・散策がてら、ぜひ、

我が軍艦島デジタルミュージアムにも足をお運びください

 

スタッフ一同お待ちいたしております

 

3.251458889825908