STAFF BLOGブログ

日本最強の戦艦。

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさん、こんにちは

軍艦島デジタルミュージアムスタッフ 佐藤です。

最近、またインフルエンザが流行してますね

佐藤は、去年の12月にちゃんと予防接種を受けました

みなさんも、気をつけてくださいね

 

さて、以前から三菱を紹介していますが、

今回は、三菱造船所で作られた戦艦を紹介したいと思います

 

みなさんは、戦艦武蔵をご存じですか

佐藤は、子供の頃にテレビで放送していた、

ドキュメンタリー番組を見て知りました。

大和型戦艦の二番艦と、言われていたそうです

戦艦武蔵

上記が戦艦武蔵の写真です

1938年 長崎造船所で建造が開始され、

太平洋戦争中盤に完成しました。

戦艦武蔵は、全長263m 全幅38mの大きさで。

乗員は3160人が乗り 

速力27ノットの速さで動いたそうです。

時速にすると、約50㎞のスピードが出たそうです

そして、46センチ砲を搭載した船でもあります。

砲撃した時の音は、凄まじかったと言われていました。

巨大な船が海に浮いて、

27ノットのスピードが出ることに驚きです

?????????????????????80??????????????

写真で見ても、大きさがわかりますね

戦場では、その性能を発揮する事が出来ませんでした。

武蔵が出撃した頃には海ではなく、

すでに空中戦での戦いが、勝敗のカギとなっていました。

武蔵は集中攻撃を受けますが、9時間という長い時間

沈む事なく戦ったそうです。

戦艦武蔵

大和の陰に隠れてしまっていますが、

実質的な防御力は、溶接の品質向上で

戦艦大和より上であり

日本最強の戦艦は、武蔵であったと言われています。

 

あらためて武蔵を調べて、戦艦なら武蔵が一番カッコイイと、

佐藤は、今も昔も変わらず感じました