STAFF BLOGブログ

軍艦島のアパート

軍艦島デジタルミュージアムブログ

みなさんこんにちは。ナビゲーターの木下です

まだまだ寒い日が続いておりますが、

如何お過ごしでしょうか?

早く暖かくなるといいですね

 

さて今日は、端島のアパートについて、お話したいと思います。

IMG_0032軍艦島に残る集合住宅の中で、最も古いのが30号棟。

 

7階建で(140戸)1916年(大正5年)に建設され、

日本初の鉄筋コンクリート造りのアパートです。

最初は4階建てだったそうですよ。

 

IMG_0030その次に古いのが、日給住宅(16号棟〜20号棟)。

 

このアパートは、30号棟より2年遅れの

1918年(大正7年)に建てられ今年で98年になります。

16号棟には(66戸)

17号棟には(54戸)屋上には、簡易遊園地

18号棟には(50戸)日本で先駆けの屋上農園

19号棟には(45戸)屋上には弓道場がありました。

20号棟はなんと・・・屋上が平屋の木造社宅でした。

 

そして、軍艦島の南端に建っている灯台、

これは、閉山の翌年の1975年に建てられたもので、

正式名称を「肥前端島灯台」と言うんですよ

ご存知でしたか?

 

軍艦島には、まだまだ沢山のアパートがあります!

我ら軍艦島デジタルミュージアムで、

島の魅力を感じてみては如何でしょうか?

 

お待ちしています