STAFF BLOGブログ

孫デビュー

軍艦島デジタルミュージアムブログ

皆さん、めっきり寒くなりました

風邪など引かれていませんか?

 

今年は例年より秋が短く、

冬が早く到来しました。

 

北の方では大雪が降っており

長崎でも平成27年以来の

大雪になるのではと心配している

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナビゲーター木下です。

 

先日、アメリカの某テレビ局から

二日間に渡り取材が入り

ミュージアムと軍艦島で撮影が行われました。


通常は軍艦島で、島の全景や

特殊な建物の撮影が行われるのですが、


今回は、私の当時の島での暮らしぶりを

再現シーンで撮りたいという事で

ミュージアムのコンテンツを利用して

我が社のスタッフが私の両親役を務め

私の子供時代の兄弟役


なんと!なんと!

保育園に通う四歳と六歳になる

私の孫が務めてくれました。

20171222114412

最初にこの話を聞いたときは

子供達は何もしないで

ただ遊んでくれていればいいという事

だったのですが・・・


いざ本番が始まると

六歳の孫(みのる役)に演技指導が入り

何度も取り直しが続き

見ているこちらの方が心配で

ドキドキしておりましたが

泣き言一つ言わずに

二時間近くにも及ぶ撮影を終える事が出来ました。

 

頑張っている孫の姿を見ている私の方が

いつしか泣きそうになっておりました(笑)


撮影後にカメラマンから

「君は、ムービースターの素質があるよ」

と言われていました。


もちろん、後日、

孫たちには美味しいものを御馳走しました。


翌日は心配されていた天候も回復し

端島に上陸でき、

当時、私の端島での思い出話を中心に

撮影が続き

最後は特別に許可を受けて

端島小中学校の

校舎の前で記念撮影をして

全ての撮影が終了し

取材クルーは満足顔で

軍艦島を離れていきました。

 20171223102803

 

 

 

 

 孫達の協力に感謝したいと言って頂きました。

 

また次回のブログでお会いしましょう。


ナビゲーター木下でした。